>

ビンゴの景品を選ぶために

景品選び 予算配分はどうする?

景品を選ぶうえでまず決めておかなればならないのは予算の配分の仕方でしょう。
基本的には参加賞の有無と、全員分の景品を用意するか、特定の順位までの景品のみを用意するかが選択肢にあがります。
全員分の景品や参加賞を用意する場合のメリットは、少なくとも誰も何ももらえないという事態は避けることができる点です。
このため、送別会や歓迎会、誕生会など明確に主役がいるパーティなどで、メインのゲストに景品が行き渡らなくて気まずい雰囲気になるという事態はなくなるのでおススメです。
ただ、当然のことですが参加賞や全員分の景品を用意すると人数分の予算が必要になるため少しグレードを上げるだけでも予算ががっつりかかってしまう点は要注意です。
逆に特に主役がいない懇親会や女子会などでは順位賞だけを用意して、その分景品を豪華にした方が盛り上がりやすいのでおススメです。

知っておきたい景品の選び方

大きく景品の種類を分類すると、いわゆる消えものと呼ばれる消費財か耐久財になるでしょう。
消えものは基本的にどの年代からも忌避されにくく、特に食べ物系は低価格帯から高価格帯まで満遍なく網羅できるので年齢の幅が大きくなりやすい会社関係のパーティでは食べ物中心で景品を選ぶのが無難です。
耐久財の場合は年代によって好まれるものが変わってきやすいのがネックですが、高価格かつ後々まで残るものなので、目玉の景品として幾つかは確保しておきたいところです。
耐久財を選ぶうえでのポイントは、実用的でなるべく使いやすいもの、あまり大きくなくて邪魔になりにくいもので、やはり可能ならば事前に参加するメンバーから希望を募っておいた方が良いでしょう。


この記事をシェアする